お知らせ

言葉の力は偉大だからこそ【YG人事ブログ】

写真 2020-07-28 8 52 01

2020.07.29

皆さんこんにちは!
ヤナギグループ採用担当の宇田川です(#^.^#)


ヤナギグループでは毎朝必ず【環境整備】の取り組みを行っています。
本日は入社2年目の渡辺さんが一生懸命窓掃除をしていました♪


「飯村さん(上司)にめっちゃアピっておいてください!笑」
とのこと笑

しっかり写真に収めて上司である飯村さんに送信しておきました(*’▽’)


さて、先日学生さんから「社会人になる前にした方が良いことってありますか?」という質問を受けました。

大体私は「沢山遊んでおきな~」と伝え、そして加えて「本を読む習慣は付けておいた方が良いよ」と言っています。
その意図は「インプットに慣れる」という事と「語彙力を高める」という事です。

最近感じるのですが【語彙力】ってとっても大切だなと。
そして必要なのは語彙力だけでなく、その言葉たちを正しく使うスキルだなと思いました。

私たちのお仕事は必ずしも相手が企業の方とは限りません。
耳の遠いご高齢の方もいますし、学生さんの事もあります。
日本語が堪能ではない海外の方の事もあります。

企業の方にお話しするときに「今日これから行きます!」なんて言葉遣いはできませんが、
日本語が堪能ではない海外の方に「本日これよりお伺いをさせていただきます」という言い方をするのは果たして丁寧と言えるのでしょうか?

相手によって、そして自分の立場によって使い分けが必要になります。

また言葉とは自分と相手との位置関係を伝える要素もあるのです。
尊敬語や謙譲語、丁寧語など日本語ってバリエーションがとっても豊か!


「おこ」とか「ぴえん」とか、若い方々から生まれる言葉って楽しいですよね。
たった2~3文字で感情が伝わるってすごいなって思います。
でもこれは目上の人に対してや公の場では使用できません。


「そんなのわかってるよ!」
と思う方が殆どでしょうね。


でも、これは極端な例で、実際にこれと同じようなことは起こります。
悪気無く放った言葉が相手を傷つけてしまったり、「え?」って周りから思われてしまうこともあるのです。


この言葉は今使用すべきなのか?適当であるのか?
どういう言葉選びをすれば円滑に進むのか?
相手に失礼はないか?


そういったことを常々考え、言葉を正しく使えるようになってほしいなと思います。


それではまた!
宇田川でした(#^.^#)