お知らせ

働き方改革とは【YG人事ブログ】

写真 2020-10-13 18 14 01

2020.12.08

皆さんこんにちは!
ヤナギグループ採用の宇田川です(#^.^#)


昨日は就活イベントに参加してまいりました!
マスク着用、アクリルパネル使用、入場規制、ブースの着席規制、検温、消毒など様々な対策を行いつつのイベントでした。


学生さんに弊社の説明をするわけなのですが、常に

「相手の大切な時間を使っている」

ことを意識しています。


なので、「うちの会社すごいよ!!」とか「こんなところが魅力!!」といった内容だけにならないようにしたいなと思っています。
弊社に入社を希望しても、しなくても、何か一つでも「へー」と思ってもらえるように心がけています。



昨日の説明の中で反応が多かったのは「働き方改革」に関してのお話でした。


働き方改革=早く帰ること

だと思っていませんか?



勿論そういう側面もあります。
しかしただ「早く帰れ!」「〇時以降は強制消灯!」だけだと「グッバイ残業!ハロー早朝出勤!」のように、結局朝早く来ることになって、何も変わらない。なんてことに。


働き方改革とは例えば【今まで10時間かけて出していた成果】を【5時間で同じ成果を出す】ために【作業効率】を上げるために【仕組み】を導入したりすることなんです。


だって早く帰った代わりに業績落ちたら会社って潰れてしまいますよね。
だから短い時間で多くの成果を出すことが必要なんです。


これには社員の成長が必要という側面と、会社の投資が必要という側面があります。


一人ひとりが能力を上げれば当然効率があがります。
しかし会社が「この報告書は手書きで書いて、自分の手で上司、常務、社長のルートで提出せよ」なんてルールを設けていたら
超絶時間の無駄!
多少月額がかかってもクラウドツールを使用したほうが圧倒的に効率が良いですよね。


逆に会社がいくら効率化のツールを投資しても社員が使いこなせなければお金の無駄。
経費の垂れ流しです。


もしくは、「こっちのツールの方が使い勝手良いけど、会社の指定だしな~」と思っていることがあっても改善提案を出さずに使い勝手の悪いツールを使用し続けるのも良くないですね。
これって社風にも関わっていて、そういった改善提案が出せない環境であれば当然そうなりますよね。


だからこそ【働き方改革】を推進するためには

・社員が成長と効率化を目指している
・会社がツールに投資をしてくれる
・会社が社員の改善提案を聞き入れている


ことが必要だと考えています。



皆さんの行きたい会社はどうなのでしょう。
是非採用担当や社員さんに聞いてみてください。

その会社の取り組みを聞くとその会社の体質が分かるんじゃないかなと思います。



それではまた!
宇田川でした(#^.^#)