研修制度


研修制度

ヤナギグループでは社員の成長とステップアップをフォローするため「内定者研修」「入社後3ヶ月研修」「3年間の定期研修」を中心に様々な社員教育、研修制度を取り入れています。また社外研修や資格取得のための研修なども行っています。

「入社後3ヶ月研修」では社会人としての正しい考え方・行動を学び、「定期研修」ではOJTや勉強会を行っています。

定期的な研修を実施するにあたり年次ごとに求められるスキルレベルが明確に設定されている為、社員は目標を見失うことなく挑戦を続けることができます。


研修の流れ

入社後3か月

入社から3ヶ月はヤナギグループの業務を理解していただくための研修を用意しています。
商品や業務の流れなど、社内の一通りの情報に触れていただくことができます。

配属先決定

入社後3ヶ月研修終了後、配属部署を決定します。

定期研修

階層別の定期研修を用意しています。
年次やレベルに合わせた業務スキルを身につけ、磨いていただくための研修です。



入社後3ヶ月研修

社会人1年目に何を学び経験するかは、その先の社会人人生に置いても重要と言われます。
ヤナギグループでは、社会人としてお客様と接する上で必要な基礎知識はもちろん、業務を行う上で必要となるスキルまで段階的に3ヶ月の研修を通じて身に付けることができます。

入社後3ヶ月研修

スキルと知識の2軸をフォロー

ヤナギグループの研修では、必ずスキル(経験)と知識(情報)を切り分けレベルを設定していきます。
細かくレベル管理をすることで、「なんとなくできる」「なんとなく知っている」といった曖昧な状態で次のレベルを求めるようなことは絶対にしませんので、安心してください。


ブラザーシスター制度

ブラザーシスター制度
ブラザーシスター制度

入社から3ヶ月間は先輩が新卒社員をフォローする「ブラザーシスター制度」を用意しています。
1人の新卒社員につき、必ず先輩社員が1名専任のお世話役としてつきます。
年齢の近い先輩社員が研修期間中のフォローしてくれるので、何かわからないことなどがあっても安心です。

研修期間が終わった後も定期的に飲みに行くなど、良い相談役として関係が継続するブラザー、シスターばかりです!

制度に関するコンテンツ
研修制度

研修制度

研修制度のご紹介
評価・表彰制度

評価・表彰制度

評価や表彰制度のご紹介
こだわる行動

こだわる行動

ヤナギグループが取り組む人財への4か条についてご紹介